車の個人売買をするときに知っておきたいこと

個人売買をしたい方必見!リスク回避しながら取引するコツとは?

個人売買のメリットはコレ!

安く買える、または高く買えると言われている個人売買ですが、その反面正しい知識を持っていないとリスクを背負ってしまうケースもあります。ここでは車の個人売買をする為に必要な知識やメリット・デメリットや注意点について説明しています。
ちなみに車の個人売買をする際、まずは車の状態を双方で確認する事から始めます。この時に車両代金も一緒に確認しておくと、後で揉める事がありません。その後、自動車税などの支払い状況や未経過分の扱い、費用について算出し双方の負担額について確認します。
ここまでで問題がなければ契約書を交わす必要があるのですが、ポイントとしては全て相手に任せない事です。

個人で手続きを踏まなければならないステップもありますが、取引をしている方から「代行する。」「こちらに手続きに強いものがいる。」と言われる事もありますが、出来る限り自分で行いましょう。契約後に「そんな話は聞いていない。」となってしまっても、既に契約を交わしているのでどうしようもありません。契約書を交わした後は代金の支払い、そして車の引き渡しです。この時に名義変更も一緒に行います。
後は任意保険の手続きをすれば取引は完了となります。
流れとして説明すると、簡単に見えますが時間もかかりますし取引相手のレスポンスによっても大きく異なります。近年ではネットやアプリから個人売買をするケースも増えてきましたので、更に注意が必要だといえるでしょう。

個人売買の流れや仕組みを知る

一見、危険だと思われている車の個人売買ですが、ルールを守ればとても便利な手法です。 いくつかのメリットを上げると取引の金額を双方で決める事が出来るので、相場を無視した価格で取引が出来る。 または消費税が発生しない、タイミングによっては希少車が手に入る事もあります。これらのメリットを上げて紹介しています。

どんなデメリットが存在するの?

メリットの多い個人売買ですが、デメリットがない訳ではありません。デメリットを正しく知れば、取引相手を見極める事が出来ますしリスク回避が出来ます。 ちなみに挙げられるデメリットとしては、支払方法の取り決めや時間と手間、タイミングといった対面での対応ならではの事象が挙げられます。

注意点を知ってリスクの低い取引を!

仕組みやメリット・デメリットを知った後は実際に個人売買で起こりうるリスクや注意点について説明していきます。 また悪質なオーナーを見極めるコツや実際にあったトラブルも合わせて紹介していますので、これから車の個人取引をされる方に役立つ情報だといえるでしょう。

▲ ページトップへ戻る