車の個人売買をするときに知っておきたいこと

個人売買をしたい方必見!リスク回避しながら取引するコツとは?

個人売買の流れや仕組みを知る

何と言っても価格設定が自由

車の売買をする方の多くは「高く売りたい」「安く買いたい」と思うのは当然です。誰でも自分の利益が一番ですし、費用と比べて高品質な車が欲しいと思うものです。業者を介して売買を行うと仲介手数料や消費税はもちろんの事、手続きにかかった費用や広告費と様々なコストが発生します。全て委託するのはとても楽ですが、その反面査定額が低く設定されてしまう、または購入価格が高いと感じる事もあります。
車の個人売買はこれらの諸費用を全てカットして、車両代金のみでのやりとりが出来るのが大きな特徴です。要はオーナーが決めた価格であればいくらでもよいのです。その為、相場や査定額を無視した金額で、自由にやり取りが出来るのでメリットが大きいと言われています。

レアな車が手に入るチャンス?

市場が欲しいと思っている車と、アナタが欲しいと思っている車は必ずしも一致するとは限りません。その為、アナタがいくら欲しいと思っている車を探しても、市場として価値を見いだせない場合は取引出来る可能性がグッと低くなります。
それと逆にあまりにも人気がありすぎるので市場に出回らない、または出回っても高価であるため手が出ないというケースもあります。
個人売買はこのようなレアな車を安価で取引するチャンスでもあります。オーナーとしては自分が大切にしてきた車を、大事に扱ってくれる人を求めているので、市場が提示している価格よりも安く購入出来る可能性があります。個人売買のメリットは全てにおいて自由度が高い点だといえます。

▲ ページトップへ戻る