車の個人売買をするときに知っておきたいこと

個人売買をしたい方必見!リスク回避しながら取引するコツとは?

注意点を知ってリスクの低い取引を!

売り手が注意すべきポイント

親族や知人、友人間での個人売買は特にトラブルやリスクもなく、スムーズにやり取りができますがサイトやアプリで知り合った相手とのやりとりには少なからず注意が必要です。
こちらが売り手になる場合は、まずローンなどの残債を全て返済しておく必要があります。基本的にローン残っている状態だろ、車検証の所有者はアナタではなく車の販売店、または金融機関となります。その為、売買する際に手続きが出来なくなるケースもあります。
続いて車両確認は必ず目で見てもらう事です。写真のみの取引で、契約するとなってから「こんなはずではなかった。」と言われるケースもありますし、悪質なユーザーだとそれを逆手に難癖を付け、価格を下げようと試みるケースもあります。

買い手側が注意すべきポイントとは?

車の個人売買で買い手は、リスクを背負いやすいので売り手側よりも慎重にならなければいけません。
まず車両を確認する際にボディのへこみや傷はもちろん、内装の汚れやにおいといった細かな部分を確認しましょう。いくら外観がよくても中身がボロボロでは意味がありませんので、メンテナンスの状態や事故・修復歴を確認し、必要であれば書類の提出をしてもらうと良いでしょう。それを出し渋るオーナーはあまり良いとは言えませんし、何らかのリスクを抱えている可能性があります。
取引時に契約書などの手続きを全て代行してくれると持ちかけてくるオーナーもいますが、これも注意ポイントです。代行してもらっても構いませんが、提出前に必ず目を通し契約に問題がない確認する必要があります。

▲ ページトップへ戻る